持ち込みをする際は、是非持ち込みのメリットだけではなく、デメリットを事前に理解したうえで実践することをおすすめします。

実際に準備を進める際に「こんなはずでは・・・」とならない為に、表を作成しました。

メリットでめ












メリット

1番のメリットは、やはり価格を抑えることができることです!

 

構図




上の図は、なぜ価格を抑えることができるかを分かりやすくしたものです。

通常、依頼先と式場は契約をしており、式場のプランとして依頼先を優先的に紹介することを条件に仲介手数料を支払っています。(ピンクの矢印)


この場合、2万円の仲介手数料が発生しています。


しかし、持ち込みをすると緑色の矢印になり直接やり取りをするため、仲介手数料が発生しません。

その為同じ内容をやるとしても、仲介手数料分安くなるわけです。(この場合は、2万円も安くなっています!!)

この2万円が式場にとって利益となるため、持ち込みNGの式場があるのです。
(この利益を少しでも確保するため、持ち込みOKでも持ち込み手数料が発生する式場もあります。)

また、直接依頼先とつながるため、式場が契約しているところ以外も利用できます。

 

演出の選択肢が増えて、価格が抑えられる

これが持ち込みの最大のメリットと言えるでしょう!

しかし実際に持ち込みをした私が、上記以上にメリットに感じたことは

夫婦の思い出が増えたことです。

持ち込みをすることで、依頼先の選択及び打合せ・ペーパーアイテムの文章や形式の検討、印刷などなど・・・

持ちこめば持ちこむ程やることが増えます(苦笑い)

これはデメリットでもありますが、私はこのおかげで夫婦の絆をより強くすることができました。

検討の中で意見がぶつかったりしましたが、共同作業が増えるのでたくさんの挙式の思い出を作ることができました。

(私は自宅での作業風景を写真に撮っていたのですが、これが結構いい思い出で、式後に楽しんで見ています)

 

デメリット

メリットでも挙げた通り、作業量が増えます。

準備に追われ、期限がギリギリになってしまうこともありました。

選択肢もかなり増え、目移りをしてなかなか決められなくなることがあるので、期間には十分余裕を持ちましょう!


準備を進めていくと、依頼先と打合せをしなければならないこともあります。


自宅の近くまできてくれる依頼先がほとんどですが、

中には依頼先の店舗にいかなければならないこともあります。

※依頼先の拠点もしっかり調べないと、意外に交通費がかさむ恐れがあります。

また、依頼先と自分の間に式場が入らないため、依頼先との対応は自己責任です。

依頼内容に認識のズレがないよう、しっかりと情報を共有しましょう!!


持ち込みに興味があるのだけれど、始め方かわからない。式場や依頼先の探し方に自信がない、時間がない。という方のためにサービスを始めました。